こだわりの製法

霧島高原ビールは麦芽を糖にする過程も、ビールの本場チェコでもっとも古典的な手法を取り入れ、手間暇かかる、デコクッションという製法で2回に分けて煮出します。その後、低温で長期発酵という、これもまた、手間と時間のかかる製造方法をとっています。その結果こくと抜群の切れ味、そしてクリーミーで泡持ち日本一といえるビールが生まれます。本場チェコの麦芽とホップを使用しおいしさのためなら手間と時間を惜しみません。それが、霧島高原ビールのおいしさへのこだわりなのです。

こだわりの製法|ビールの泡糖化法と熟成期間